【補充型vs直結型】水道水ウォーターサーバーおすすめ11選|買い切りタイプも紹介

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

水道水ウォーターサーバー

出典:waterstand.jp

好きなだけ水を使いたい人におすすめの「水道水ウォーターサーバー」。水ボトルの注文や交換の手間がなく、タンクに水道水を補充するだけで冷水・温水を出せます。サーバーレンタル代だけのシンプルな料金体系の業者が多く、初心者にも導入しやすいのが魅力です。

とても便利な水道水ウォーターサーバーですが、「デメリットはある?」「人気のある水道水ウォーターサーバー業者は?」と、疑問は多いはず。業者選びに失敗しないための選び方も知りたいですよね。

そこで今回は、Picky’s編集部が話題の水道水ウォーターサーバーについて徹底的に調査。今人気の水道水ウォーターサーバー11選・水道水ウォーターサーバーのメリット&デメリット・おすすめの業者の選び方などをまとめました。水道水ウォーターサーバーを検討している人は、ぜひチェックしてくださいね。

この記事を監修した専門家

アクアソムリエ
江口慶太
日本アクアソムリエ協会認定アクアソムリエ
浄水器メーカーの営業として勤務するかたわら、日本アクアソムリエ協会認定アクアソムリエ資格を取得。その後、約1年かけて世界一周をしながら世界各地の水やミネラルウォーターについて知識を深める。帰国後はミネラルウォーター専門店で営業を務め、その後、食品関係の事業を起業。水に関する深い知識を活かし、セミナーの講師を務めるなど活躍中。現在は、ウォーターサーバーメーカーに勤務しながら、自身のビジネスであるハーブコーディアルを販売している。

水道水ウォーターサーバーのメリット

水道水ウォーターサーバーは、浄水器の機能を備えたウォーターサーバーのこと。タンクに入れた水道水がフィルターを通して浄水されることで、飲み水や料理用の水、そしてコーヒーやカップスープのお湯として使用できる仕組みです。

水道水ウォーターサーバーのメリット
  • ボトルの注文や保管の手間がない
  • 重たいボトルを持ち上げて交換する必要がない
  • 配送業者から水を受け取る必要がない
  • 残量を気にせずに水が使える
  • シンプルな定額制なので分かりやすい

最大のメリットは、重たい水ボトルの交換や注文の手間がないこと。ボトルの残量や注文ノルマを意識せずに、水を好きなだけ使えます。また、意外とスペースを取りがちな交換用ボトルの保管場所に悩む心配もありません。

さらに、水道水ウォーターサーバーはサーバーレンタル代やフィルター代を含めた定額制のところが多く、毎月3,000~4,000円ほどの定額でウォーターサーバーを利用できるのが魅力的。シンプルな料金システムなので、ウォーターサーバー初心者にも使いやすいですよ。

江口

フィルターの性能が高いものが多いため、残留塩素が除去されることはもちろんのこと、水道水がミネラルウォーターに近い味になりますよ。

水道水ウォーターサーバーのデメリット

水道水ウォーターサーバーのデメリット
  • ウォーターサーバーをあまり使わなくても定額料金がかかる
  • 美味しさや水質面は宅配水に劣る
  • 定期的なフィルターの交換が必要
  • 水道直結型は工事が必要
  • 水道水を貯めるタンクやフィルターのメンテナンスが必要

水道水サーバーは、使用頻度に関わらず使用料金がかかるのが難点。「今月は出張が多くてサーバーをほとんど使用しなかった」という場合でも月額料金は同じなので、水をコンスタントに消費しない人には不向きです。

また、水道代を浄水するため、天然水などに比べるとどうしても美味しさ・水質は劣ります。水の美味しさを重視する人は注意しましょう。

江口

水道水を貯めるタンクやフィルターは1週間ほどで水アカがつきはじめますので、取り外してこまめに拭くことをおすすめします。フィルターには「ろ過流量」というろ過できる水の量が決まっています。交換時期がきたり、水が塩素臭いなと感じた場合は新しいフィルターに替えましょう。

関連記事:【便利すぎる!】ペットボトルウォーターサーバーおすすめ10選|電気代やデメリット、掃除方法も解説

水道水ウォーターサーバーはこんな人におすすめ

  • 毎月定額でウォーターサーバーを利用したい人
  • 宅配型ウォーターサーバーはちょっと高価だなと思う人
  • 水ボトルの交換や注文が面倒な人
  • 交換用ボトルの保管場所がない人
  • 飲み水や料理に好きなだけ水を使いたい人

江口

家族で飲むための麦茶をつくって冷やしたり、ケトルでお湯を沸かす手間がなくなるので、浮いた時間を他のことに使えるようになることもウォーターサーバーのメリットです。

水道水ウォーターサーバーの選び方

水道水ウォーターサーバー 選び方

出典:waterstand.jp

ここからは、水道水サーバーを選ぶときのポイントを紹介。各家庭の環境や使い方に合ったサーバーの選び方を詳しく解説しているので、初心者の方はぜひチェックしてくださいね。

補充型 or 水道直結型?サーバーのタイプ(給水方法)から選ぶ

水道水サーバーは、主に「水道水補充型」と「水道直結型」の2タイプに分かれます。それぞれに設置方法や給水方法が異なるので、自分のスタイルに合ったものを選びましょう。

工事不要!手軽に導入できるのは「水道水補充型サーバー」

水道水補充型は、水タンクに水道水を自分で継ぎ足して使うタイプのウォーターサーバー。水を都度補充する手間はあるものの、工事せずにコンセントに繋ぐだけでサーバーが使えるのがメリットです。寝室やリビングといった水道栓が遠い部屋でも使用できますよ。

補充作業の手間は、水道から近い場所に設置したり、なるべくタンク容量が大きいものを選んだりすることで軽減できます。手軽に水道水サーバーを使いたい人や、キッチン以外にサーバーを置きたい人には補充型がおすすめです。

補充の手間なし!水を沢山使うなら「水道直結型サーバー」がおすすめ

ウォーターサーバー

出典:waterstand.jp

水道直結型は、サーバーと水道栓をホースで繋いで使うウォーターサーバー。水道栓から直接給水されるため、水を補充する手間が一切ありません。残量を気にせずに使いたい人や、とにかく手間を失くしたい人におすすめのタイプです。

一方で、設置のための工事が必要になる・水道栓の位置によって置き場所が限られてしまうというデメリットがあります。また、メーカーによっては工事の予約がなかなか取れず、導入までに時間がかかることも。水道直結型サーバーを置く場合は、水回りにスペースがあるかをチェックしつつ、余裕を持って申し込みをしましょう。

お得に導入したいなら、月額料金や解約金の有無を比較しよう

ウォーターサーバー

水道水サーバーの月額料金は、3,000円台が主流。ただし、同じ価格でも業者によってサービス内容が異なるので注意してください。月額料金にメンテナンス費やフィルター代は含まれているか・工事費は別途必要かなど、実際にかかるコストを確認しましょう。

また、ほとんどの業者は一定期間内に解約すると、解約金(違約金)が発生します。解約金は10,000~15,000円程度が一般的ですが、中には解約金を設定していない業者も。解約金がないウォーターサーバー業者なら、万が一満足できなくてもすぐに返却できるため、気軽に利用開始できますね。

メンテナンスや浄水フィルターの交換頻度も確認しよう

水道水ウォーターサーバーのメンテナンス方法や浄水フィルターの交換頻度は業者によって異なるため、契約前に確認しておきましょう。

メンテナンス費用は無料の業者が多いですが、メンテナンス方法はスタッフ訪問やセルフメンテナンスなどに分かれます。最近では、クリーン(自動洗浄)機能を備えたウォーターサーバーが増えており、内部の定期メンテナンスが不要なケースも多いですよ。

浄水フィルターは定期的(3ヶ月・6ヶ月・1年ごとなど)に交換が必要なので、各サーバーのフィルター交換頻度を確認しましょう。ほとんどのメーカーはサーバーレンタル代にフィルター代が含まれています。交換時期に新しいフィルターが自宅に届き、自分で交換するシステムが主流です。

不純物を除去したいなら「RO水フィルター付き」をチェック

水道水ウォーターサーバー RO水

出典:waterstand.jp

「水道水は水質が心配」「ニオイに敏感なのでカルキ臭が気になる」という人は、RO水フィルターを搭載したウォーターサーバーがおすすめです。RO水フィルターは通常のフィルターよりも浄水能力が高く、水道水を純水に近い形にろ過してくれます

通常のフィルターよりも月額料金が高いという一面はありますが、子供がいる家庭や水質にこだわりたい人はぜひチェックしてみてくださいね。

長期間利用するなら「買い切りタイプ」も検討してみて

最近では、ウォーターサーバーを月額制でレンタルするのではなく、サーバーを購入して利用する買い切りタイプも登場しています。お支払の方法は、一括払いや割賦払いのどちらかを選べる業者もあります。一括払いの場合は初期費用こそ高くつくものの、その後は電気代と水代だけで利用できるのがメリット。一定期間以上の利用でサーバーを無料交換してくれる業者も多く、長く使うほどお得になります。

業者によっては解約時にウォーターサーバーの回収を行ってくれるため、廃棄の手間もありません。長くウォーターサーバーを利用したいと考えている人は、買い切りタイプのプランも検討してみましょう。

江口

どの水道水ウォーターサーバーを導入したらあなたの生活を豊かにしてくれるかを明確にイメージしてみてください。

編集部のおすすめ水道水ウォーターサーバー

水道水ウォーターサーバーおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品公式サイトタイプサイズ利用方法料金解約金設置費用/初回手数料メンテナンス費用浄水タンク容量メンテナンス方法交換用フィルターフィルター
エブリィフレシャス トール公式サイト水道水補充型112.5×36.3×29cmレンタル月額3,300円10,000~20,000円(契約後またはサーバー交換後、1年~3年未満の場合)※利用期間によって異なる無料-5.7L自動(クリーン機能付き)6ヶ月に1回無料で届く-
ハミングウォーター フローズ公式サイト水道水補充型120×26×37cmレンタル月額3,300円16,500円(サーバーお届け予定日から2年以内の場合)2,200円-4L自動(UV殺菌機能付き)6ヶ月に1回無料で届くEXフィルター
スノーアルプス 浄水型サーバー公式サイト水道水補充型117.5×27.2×32.7cmレンタル月額3,280円19,800円(2年以内の場合)無料3年経過後は無料でサーバー交換(配送料2,200円)7Lセルフ/自動(UV殺菌機能付き)1年に1回無料で届くブロックカーボンフィルター
ウォータースタンド L2公式サイト水道水補充型115×26×44.8cmレンタル月額7,150円6,600円(設置後1年以内の場合)9,900円無料12L業者(フィルター交換時)6ヶ月に1回無料でスタッフが交換RO水フィルター
シャインウォーター シャインウォーターリング公式サイト水道水補充型115×30×34.4cmレンタル月額3,630円14,300円(契約後2年未満の場合)無料--セルフ/自動(クリーンシステム搭載)3ヶ月に1回無料で届く-
楽水 ピュレスト公式サイト水道水直結型/水道水補充型48×40×30㎝レンタル/買い切りレンタル:月額3,278円~5,478円/買い切り:165,000円~242,000円(プランによって異なる)残り契約月数×レンタル料の40%(契約後3年未満の場合)5,500~13,200円(プランによって異なる)-4.6L自動(クリーン機能付き)6ヶ月~12ヶ月に1回無料で届く(フィルターの種類によって異なる)通常フィルター/RO水フィルター
クリクラ 浄水型サーバー公式サイト水道水補充型-(床面積はA4用紙程度)レンタル月額3,300円/安心サポートパック:月額460円無料無料1年に1回無料交換6Lセルフ1年に1回サーバー交換時に無料でスタッフが交換-
アクアスタイル ハイブリッドウォーターサーバー公式サイト水道直結型112×26×46.2cmレンタル月額3,608円/あんしんサポートパック:月額550円52,800円(契約後3年未満の場合)無料--セルフ1年に1回無料で届くカーボンフィルター/ウルトラフィルター
キララ ファミリアⅡ公式サイト水道水補充型26×34.6×110cmレンタル月額4,378円(5年使用後はレンタル代無料 ※フィルター代・メンテナンス代は必要)16,500円(契約後3年未満の場合)無料-4.8L自動(クリーンシステム搭載)-キララフレッシュフィルター

水道水ウォーターサーバーおすすめ人気ランキング9選

水道水ウォーターサーバーと浄水器の違いは?

水道水ウォーターサーバー 浄水器

水道水ウォーターサーバーを検討中で、浄水器と迷っている人もいるのではないでしょうか。

浄水器とは、水道水に含まれている残留塩素などを除去してくれる機器のことをいいます。水道の蛇口に直接取り付け蛇口直結型や水道水をポットに注いで浄水を作るポット型が主流です。いずれも水道水を浄水してくれるので美味しい水になります。こちらはホームセンターなどで数千円で購入できます。ウォーターサーバーとは違って、プランを申し込んだり設置工事をする必要がなく、誰でも手軽に導入できるのが最大のメリットです。

一方で、冷やしたり温めたりする機能はないので、冷やしたいときは冷蔵庫に頼る必要がありますし、温めたいときはケトルを使うなど手間がかかってしまいます。

以下に浄水器と水道水ウォーターサーバーの違いをまとめているので、迷っている人は参考にしてみてくださいね。

浄水器 水道水補充型 水道直結型
設置工事 不要 不要
設置場所 蛇口やポット コンセントの近く コンセントと水道栓の近く
設置費用の目安 約1,000~3,000円 約3,000~8,000円(配送料や初回手数料など) 約3,000~8,000円(工事費や配送料など)
ランニングコスト
  • 水道代
  • フィルター代のみ
  • レンタル代
  • 電気代
  • 水道代
  • フィルター代など
  • レンタル代
  • 電気代
  • 水道代
  • フィルター代など
機能
  • 浄水機能のみ
  • 浄水機能
  • 温水・冷水
  • チャイルドロック
  • エコモードなど
  • 浄水機能
  • 温水・冷水
  • チャイルドロック
  • エコモードなど
水の補充方法 なし 自分でタンクに継ぎ足す なし

とにかく手軽に導入したい・部屋のスペースを使いたくないという人は、浄水器も検討してみてください。

江口

浄水1Lあたりで比較すると浄水器のほうが安価となりますが、私の経験から冷水やお湯をいつでも出すことができる水道水ウォーターサーバーは本当に便利です。特に、小さい子供のミルクを作るときや毎朝飲むコーヒーをつくるとき、そして子供と公園で遊んだあとの身体がほてっているときに飲む冷たい水は最高に美味しいです。

関連記事:【エコで高コスパ!】浄水ポットおすすめ15選|人気のブリタや無印のポットを厳選紹介

関連記事:【コスパ良し】蛇口直結型浄水器おすすめ人気ランキング15選|一人暮らし向けも【比較してみた】

ウォーターサーバーのおすすめ記事

水道水ウォーターサーバー

関連記事:【徹底比較】ウォーターサーバーおすすめ22選|安い人気プラン&おしゃれなサーバーを紹介

関連記事:【コスパで選ぶ!】一人暮らし向けウォーターサーバーおすすめ10選|ノルマなし・卓上型を紹介

関連記事:コンパクトでおしゃれ!卓上型ウォーターサーバーおすすめ10選|メリット・デメリットも解説

関連記事:【プラン比較】おいしい天然水ウォーターサーバーおすすめ9選|RO水との違いも解説

関連記事:【家庭用】水素水ウォーターサーバーおすすめランキング9選!種類やレンタル代を比較

おすすめ水道水ウォーターサーバーまとめ

水道水ウォーターサーバー まとめ

出典:waterstand.jp

  • 水道水ウォーターサーバーは浄水器の機能を備えたウォーターサーバー
  • 水ボトルを管理せずに、水道水を入れるだけで飲み水やお湯を確保できる
  • レンタル代と水道代だけのシンプル料金で初心者にも分かりやすい

今回は、水道水ウォーターサーバーについて紹介しました。水ボトルを購入せずに使える水道水ウォーターサーバーは、使い勝手とコスパ抜群のおすすめアイテムです。自宅やオフィスに水道水ウォーターサーバーを導入して、気軽に水を使える環境を整えましょう。

関連記事:料金比較あり!浄水器レンタルサービスおすすめランキング9選!購入よりお得なの?